生きていていい。

いつか人生に乾杯できる日まで。

独りの弱さも強さも

昨年5月の旅行のことを思い出した。


撮影スポットということで行列になっている所に並んでいた。


順番が次になった時。

前の男性は一人らしく、スマホを自分に向けている。

後が絶景。

必然的に待っている人たちの注目を前から浴びることになる。


ちゃんと撮れたかどうか確認し辛かったのか、せっかくだからなのか、何枚も撮っているようだった。


私なら諦めるだろうな。
すごいな。


でも後ですぐに思った。

撮りましょうか、と言ってみたらよかった。


こんなおばさんなら気を使わなかったんじゃないかな。

私は家族と一緒で心強そうに見えたと思うけれど、本当は独り。

独りの弱さも強さもまぁまぁ知っている。


もうヤケクソで積極的に生きられないのかな、と思う。