生きているだけでいい。   大丈夫。

大好きだった父との時間をこれからもっと取り戻すはずだったのに、突然訪れた別れ。いつか、私の人生もなんとかなったよ、と空に向かって乾杯したい。その日まで続けたいブログです。

そんなによくできた脳じゃなくてもいいのに

アンカーのランです。

 

今日は仕事が休みで、あれこれとまた一人で考え事をしていて、身体の感覚が消えそうでした。

 

そんな時は動くに限るので少し出掛けもしましたが、それでも座るとまた考えます。

 

あと1ヶ月しか生きられないとしたら何がしたいかなぁとか、1年ならとか。

 

やっぱり人と話したいです。


でも約束をするのにストレスがかかるようだったら諦めて、すんなり会える人だけでいいかな。


楽しくて優しい時間を一緒に過ごしたい。

 

それ以外には積極的に何かする元気はないので、好きなカップでコーヒーか紅茶を飲みながら音楽が聴きたい。

 

 そんなことをぼんやり考えていた日でしたが、とても驚いたことがありました。

 

自分が若かった頃の音楽を少し聴いていると、その時には父がいたんだということに気づき、そこからもう全く聴けなくなったのです。

 

数年前から自分が若かった頃の音楽は、たぶんこれからずっと聴けないのでしょう。

 

老後の楽しみに、と思っていた大量の写真もきっともう無理なのでしょうね。

 

父と別れることになった時、生まれ変わるしかない、ととっさに強く感じたのはこういうことだったのです。

 

過去の記憶は、父と直接はつながらないことでも、時間を共有していたというだけでつながってしまうのですね。

 

そんなによくできた脳じゃなくてもいいのに。

 


というわけで、これからは今よく聴かれている音楽を聴くことにして、写真はこれから撮ればいいか、と思っています。

 

今日は100円ショップにも行きましたが、少し年配のたぶんご夫婦の会話にほのぼのしました。

 

男性が、あれ置いといたらよかったなぁ、と言われると、女性が、済んだことはいいから、これからどうするかよ、と。

 

確かに!とこっそり頷きました。

しょうがないのよ、成り行きで。

アンカーのランです。

 

今日は若い知人と会っていましたが、結婚したばかりの彼女の輝く笑顔を見ながら嬉しさでいっぱいでした。


でも、彼女のエネルギーを受け取るにはもう少し元気が必要だなという思いと、少し怖さもあって、つくづく自分の人生が情けなくなって。

 

もう少し元気になるまで待ってくれるかな、それまでに嫌われないかな、という怖さです。

 

とても共感力があって優しい人です。

なので大丈夫だと思うのですが。

 

同じ仕事をしているので話題はあるけど、今にも尽きそう、私には好きなものがない、という心配がついて回ります。

 

楽しい人じゃない。面白味がない。人生を充実させている人じゃない。

そう思われるんじゃないか。

 

好きなものなんかないよ、わるかったね、と心の中で反撃したくなる相手ならいいですが、好きな人だと強い自分ではいられないのですね。

 

帰ってから考えていました。

 

「すごいこと」「魅力的なこと」なんてなくても、自分が望む過ごし方をしているなら。

あるいは、もがいているとしても、そこにしっかりと身を置いていることに自信のようなものを感じているなら。

 

しょうがないのよ、成り行きで、と自分を肯定できるなら。

 

それでいい、それで充分、と落ち着いたのでした。

誇れない仕事って?


アンカーのランです。


今日もかなり疲れました。


頼みのフランソワはいないし、魔法使いもお休み。台風は時に明るいいい人で、時に遠慮のない子どもみたいな可愛い人ですが、今日はちょっとおしゃべりが過ぎました。


特に部屋のメンバーと小声でずっと話し込んでいたのはいけないです。
少し離れた所にいる私は自分が何かしたのかと思ってしまう。


まぁ私はそう思いやすいので別として、そういうのはやっぱり感じがわるいですよね。しかも仕事中です。


男性でもコソコソ話をよくするのでしょうか。



ところで最近、「子どもたちに誇れる仕事を」というどこかの会社のキャッチコピーを見ました。


なんとなく引っかかるのは私がひねくれているからかな、と思っていましたが、ひねくれているというより自尊心の問題なのですね。


仕事以前に、私は子どもに誇れない人間。


子どもに誇れないのだから、次世代みんなに対しても。


自尊心のない人間がいくら仕事を一生懸やったとしても、その仕事に誇りまではなかなかもてないのです。



いや、分けて考えよう。


一生懸命やったことには誇りをもてばいいです。



やっぱり前に戻ります。


誇れない仕事ってどんなものでしょうか。


聞いてみたい…

本当はとてもしんどいのに笑顔でみんなを助けてくれた人


アンカーのランです。


今日は知人と会っていました。


約2ヶ月ぶり。以前の職場で一緒だった人ですが、よく笑顔で話し掛けてくれて私はずいぶん助けられたものでした。


また会いましょうね、とよく言ってくれて今回また実現したのですが、待ち合わせ場所に現れた彼女を見るやいなや私は、ありがとう、私なんかと会ってくれて、と言っていました。


同時に、嫌だな、こういう自分って、と思いましたね。
きっと油断していたのです。


今日も心から会いたいと思ってくれてるよ、だっていつも私に好意的に接してくれていたのだから、と心の中で確認しておくのを忘れていました。


優しい人なので、私が言葉を続けられなくてもその分話してくれて楽に過ごせます。
前からずっとそうです。


でも実は彼女は、大きな悩みを抱えて髪が抜けてしまったことがありました。


周りにとても気を遣い、仕事はてきぱきとこなす人です。
明るくみんなに声を掛けてくれるので、職場の雰囲気はとても良くなりました。


本当はとてもしんどいのに、笑顔でみんなを助けてくれていた日も多かったのだろうと思います。



私が予約したお店でピザとペンネを食べながら、炭水化物のセットでちょっと失敗だな、美味しいけど、と彼女の帽子を見て思いました。


もちろん優しい彼女は美味しい美味しいと平らげます。


まだ髪は元通りにならないので毎日帽子をかぶっているとのこと。


私は日傘をさすのでと言ってしまったけど、新聞の集金に来て下さるあの方に頼んでみようかな。


これから暑い夏に向かいます。
誰に作ってあげようと思いめぐらしている人と、涼しくて飛ばない麻の帽子が似合いそうな彼女。


勝手だけど、二人を喜ばせたいな、と思ったりしました。

そうか、麻の帽子は飛ばないのか


アンカーのランです。


集金に来られる方と話すのが楽しみなので、それも大きくてずっと新聞を配達してもらっています。


夫はそんなには読まないし、私は2年近く全く読まなかったのに、です。


お歳は70才くらいでしょうか。
いつかおっしゃっていましたが忘れました。


手作りのものを多く身に着けておられ、にこやかに話して下さいます。


かばんも服も。
とてもしっかりした素敵なもの。


売られたらどうですか、と余計なことを言ったこともありますが、こんなの売れるようなものじゃないですよ、と謙遜されていました。


今度は何を作ろう、誰にあげよう、と楽しみで仕方ないんです、と優しい笑顔で話されます。


押しつけですが、としょっちゅう私にも。


知り合いのおばあさんが作った、という品もあります。


もうどれが誰のかわからなくなりましたが、家のあちこちにある愛情こもった品々。


絞り染めのハンカチや小袋、長襦袢の生地で作った袋、布製はたき、アクリル食器洗い、ネックウォーマー、スカーフ、布製のネコ、他にもいろいろ。



この間は麻ののれんで作った帽子をかぶっておられました。


これ、飛ばないんですよ。


麻だから風を通すので飛ばない、と。
そんなこと考えたこともありませんでした。


帽子って飛ぶもの、です。


それで帰り際に思いついたように手作りのカバンから携帯を出され、こんなケースよかったら作りましょうか、と。


皮革だと思いました。


これだけは断らないとだめです。


他の物なら万が一の時には喜んで使ってくれる人を探しますが、皮革はだめです。


あのー、これ革ですか?


もちろんです、と言われるとなんて言えばいいのか。


あのー、うちで動物を飼うようになってから、革は…
布では作れないですか?


扉を開けると、ワン吉とニャンコがすぐ目の前に揃ってこちらを見ていました。


その方は、あー、わかりますわかります、革は使えないですよね。


帯で作れるかな、でもカメラの部分を開けるのをどうしようかな、革だと切りっ放しでいいんですけど、いえ新しいことしてみるのが楽しいんです、できるかわかりませんけど、渋いのか可愛いのかどっちがいいですか?


私のスマホの透明カバーの型を鉛筆で紙に写して帰られました。



新聞も読まないと。


これからもずっと来てもらいたいのです。

もうおしまいだなと思っていると

アンカーのランです。

 

今日もかなり疲れました。

 

午前中は会議で、それ必要?っていう質問をされて不要なドギマギをし、ここ大事でしょ、にはずっと沈黙の人たちにがっかりして。

 

今思えば、外部から来てくれた方のお話は素晴らしいものでした。

 

ネットで調べるとすぐに名前が出てきてびっくり。

 

自信満々なところが私的には残念だな、とか思っていたのですが、こんなすごい人なら自信満々でいいです。

 

直接色々と助言をもらえてよかったです。

 

こういう充実した時間があった日は心地よい疲れで過ぎていくはずなのに。

 

その後の「魔法使い」の意地悪や、同じ部屋の人から朝一に聞いた可哀相な話。

 

この間受けた面接がひどいもので、帰りに不採用を伝えてくれてもよかったのに、くらいだったので、そのこともたぶん心にずっしりあったのだと思います。

 

それに、隣りのフランソワが午後から休みを取って帰ってしまったこと。

 

なのでとても疲れて、帰宅してリビングの椅子に座ると立ち上がれませんでした。

 

もうおしまいだな、とぼんやり思っていると、新聞の集金の方が。

 

この方に何度助けられたでしょう。

 

その話はまた書きたいと思います。


失うものがないって最後にして最強の味方

アンカーのランです。

 

勤務時間が過ぎているのに仕事のことを言ってくるのって、どういう感覚なのでしょう。

 

もちろん今に始まったことではありませんが。

 

どうしてもその日でないといけないことならわかりますが、全然それ明日でいいじゃない、ってこと。

 

そもそも今日中に必要なことなら言われなくても済ませて帰りますし。

 

私は早出なのでみんなより早く来て鍵を開けに回り、一人で共用スペースの消毒をして、今日なんて明日必要なものがあったのでお昼休みを半分にして頑張っていました。

 

それでも時間を少しオーバーしたので大急ぎで片付けていたら、明日でいいことを色々と。

 

頭はいいのでしょう。なのにどうして?しかも一人じゃない。

 

そんなことは昔からあったと思います。

 

言われたら最後、余程でないとやってましたね。断れなくて。

 

今日のはたかだかどの書類をどこに綴じるか、でした。

 

 

そんなこと明日使ってからのことじゃないですか。

 

私が早出って知ってるよね。

朝から黙々と仕事してもう疲れてるってわかるよね。

するべきことはする人だって、もう1ヶ月半も一緒にいるのだから伝わってるよね。

 

「するべき、に支配されて人生をかなり損した人」なんて理解してもらえないでしょう。

 

「周りから何を求められているかを優先して生きてきて、少しでも取り返して人生を終わりたい気持ち」なんて全く意味がわからないですよね。

 

わかってもらえなくても、もう全然いいです。

 

今まで一人でやって来たのだから、取り返すのも一人で大丈夫。

 

失うものがないって最後にして最強の味方だな、としみじみ思います。