生きているだけでいい。   大丈夫。

大好きだった父との時間をこれからもっと取り戻すはずだったのに、突然訪れた別れ。いつか、私の人生もなんとかなったよ、と空に向かって乾杯したい。その日まで続けたいブログです。

オバケ、かぼちゃ、コウモリが可愛く描かれていました

f:id:kannpai:20211027203934j:plain
アンカーのランです。


今日はいい日になりました。


諦めて始まった一日だったからかもしれません。


昨日、よし明日着て行こう、と決めた新しいカーディガンは良かったのですが、その上に羽織った上着が良くなかったです。


材質も形も丈も子どもっぽ過ぎる。
サイズも合っていなくて首もとがだらしない。


家を出てすぐにそう思って、歩いていると手が冷たくて、布バッグにまだ入っていた日除け用の手袋をはめました。


この寒さに日よけ用手袋。
大人じゃないな、とますます思えてきます。


ハナさんみたいに3センチヒールも履いていません。
皮革製品を買わなくなったのもありますが、ヒールからはかなり遠ざかっています。


それにやっぱりこの歳でこの布バッグは。


ちょっと惜しいスタイルとかではなくて、この格好は全然ダメだとよくわかったのです。


そしたら、もう今日は諦めよう、となんだかすっきりして、何も期待せずに職場に着きました。


そしたら、机の上にメモが。


連絡が欲しいけれど無理だろうなと諦めていた人が、私の留守に電話をくれていたのです。


それでも、きっとわるい内容だと思うよ、と自分に諦めさせてから電話をしてみると、なんと私に会いたいから来てくれるとのこと。


その後も、次はうまくいかないことが起こるよ、期待するなよ、と言い聞かせていました。


そしたら、残念なことは特には起こらず時間が過ぎて、最後には、朝約束した通り会いに来てくれた人から嬉しいものを。


ハロウィンだそうです。


例によって素晴らしいイラスト。


近いうちにその少女の元気そうな顔が見られるはず、とそれは諦めていませんでしたが、まさか今日だとは。


オバケ、かぼちゃ、コウモリが可愛く描かれていました。

ハナさんに怒られそう

f:id:kannpai:20211026191534j:plain

アンカーのランです。

 

さっきスマホを開けてNHKニュースの文字が目に入ったので観てみると、佳子様眞子様をハグするシーンが映りました。

胸が熱くなり、泣きそうになりました。

 

 

今日は、以前どなたかのブログで紹介されていた本「すぐ死ぬんだから」をようやく少しずつ読めているのでそのことを。

 

どなたかわからなくなって申し訳ないです。

 

とても元気になれる本ですね。

教えて下さってありがとうございます。

 

まだ全部は読み切れていませんが、主人公のハナさんに怒られそう、ぼんやりしている場合じゃない、と思うことが次々と出てきています。

まずは、髪やお化粧や服装、とか。

 

以下、少し内容に踏み込みます。

やっぱり私はセリフを噛みしめるのが好きなので。

 

 

 

 

あと十歳若ければ、六十八ならば、どんなにいいだろう。

 

私、あと十歳若かったらなァって思うこと、よくあるよ。そしたら六十八。何でもできるよ、六十八なら。

 

 

こんなセリフがよく出てくるのです。

いつも、六十八なら、です。

 

 

「人は中身よ」と言う女にろくな者はいない、というセリフもありました。

 

 

 

昔は服装もっと構っていたのに、としみじみ思います。

母が私の幼い頃からきちんとしてくれたし、結局は母好みでしたが特に不満も持たず、その後も身なりを整えることには気を遣ってきたはずでした。

 

それなのに、いつからでしょう。

元々おしゃれに興味がなかったのか、子育ても影響したのか。

 

それにどんどんしんどくもなったので放棄してしまったのですね。

 

78才のハナさんはカッコいい。

 

確かにハナさんの言う通り、「中身」の成長は外見磨きと共にあるんじゃないかな。

 

あ、ハナさんは「共にある」なんて言っていませんが、おそらくそういうことだと思います。

 

かなり反省しました。

 

ヘアカラーの買い置きがあります。今日は無理かな。

ハナさんなら、ちゃんとプロにしてもらえ、と言うでしょうが。

 

急に寒くなってタンスを探した時に、買ったままの綺麗な色のカーディガンがあったのでした。

明日あれを着よう。

 

動物由来の物はできる限り買わないと決めて布バッグとスニーカーですが、それにしても探せばもっとおしゃれな物があるのでは。

 

外見を少しでも頑張れば。

何か変わるかもしれないと思う。

誰のためにまた頑張ろうとするのかなと思う

f:id:kannpai:20211025195006j:plain
アンカーのランです。


本気で一緒に仕事がしたかった人に、思わず話し掛けていました。


こういうことが少し前からできるようになっています。


とことん言わないと気が済まない、という人は苦手で、それまではたぶん出会ってもそーっと離れていたと思います。


でも今、とことん言われることがあっても思わず話し掛けていたりするのは、少なくとも私が嫌いでとっちめようとしているのではないと感じられるからです。


そこ、分けてくれるの有難いですね。
私の仕事内容と、私。


だから逃げないでその先を確かめられます。
本当は逃げたいので及び腰ですが。


もしかしたら仕事に対して抱いている思いが近い可能性だってあります。



とことん言わないと気が済まない人が言い始めると、途中からもう元の話が何だったか忘れてしまうほど広がっていくことがあります。
方向を変えて突き進んでしまうこともあります。


本人のメリットは何でしょうか。


そんなこと、今まで考えたことはありませんでした。


自転車でついスピードが出てしまって、止まりたい位置で止まれない。
それよりは意志があるような気がします。


メリットは、確実に正すことができる、じゃないかと。


これは正さないといけない、というスイッチが入るとその使命を果たすことがすべてになるように見えます。
なので、果たせるなら少しぐらい広がったり方向を変えたりの強引さがあってもいいのです。


そうして、しっかり正すことができます。



ここで気づいたのが、とことん言うのは誰かに勝つためではない、ということでした。
あくまでも自分の信じている「正解」に正したいだけなのです。



じゃあ、その「正解」を疑って検討してもらえるように頑張ればいいのですね。


逃げる方が楽だったのに。
誰のためにまた頑張ろうとするのかな、と思います。

本気で一緒に仕事がしたかった

f:id:kannpai:20211024184004j:plain

アンカーのランです。

 

二日間も休みだったのにリフレッシュできませんでした。

 

今日はいつものとは別の仕事があったので、もう今週が始まっています。

 

そして明日が来てしまう。

 

 

疑問に思うことを私の弱い立場ではどうすることもできないのですが、みんな能力のある一生懸命な人たちばかり。

 

この矛盾に、そんなはずはない、そのうちわかってもらえる、と何度も思い直して今まで来ました。

 

でも今、どんどんわるい方向にいきそうな気がしています。

辞めたい気持ちが膨らんでくる…

 

できるだけこの部署の仕事を増やさないで下さい、余計なことはしないで、という空気を読まないやりにくい人、なのでしょうか。私は。

 

そんな空気があるなら読みたくないし、そもそも若い人たちはそんな考えではないと思う。

 

私も長年生きてきて社会人も長くやってきたので、できるだけ波風を立てず誰も怒らせないで進めることが結果的にうまくいく、というのももちろんわかってる。

 

それに、協調性なんて私にとっては得意分野です。

 

そんなこんなも承知の上で。

 

やり方や話し方や伝え方や、そんなのもまぁいいです。

 

その仕事や役割を本気で果たそう、信じる限りにおいて力を尽くそう、という気持ちが同じかどうか、です。

 

 

そこが同じなら、どんな言葉が飛んできてもいいんだけどな。

 

もう今さら、その言い方傷つきました、なんて思いません。いえ、思ってもすぐにそんなことどうでもよくなります。

 

 

本気で一緒に仕事がしたかったです。

 

自己実現とか悲しみを忘れるためとか、そういうことではないと思う。

それはいつも自分に問いかけてきたので。

ずっとずっと行きたがっていたUSJに

f:id:kannpai:20211023190503j:plain
アンカーのランです。


昨日注文した毛布ですが、朝9時過ぎには首都圏に住む次男の最寄りの営業所に着いたようでした。


同じ毛布を長男用にも購入しましたが、やはり午前中に届きました。


お店はどこにあるんだろうと今見てみると、愛知県豊橋市


同じ毛布、東行きと西行きのトラックに載せてもらったんですね。


少し前にテレビで観ました。


夜中、トラックが高速を埋め尽くしていて、高速料金が安くなる時間を待つトラックの列もありました。


夫がそれを観ながらボソッと、送料無料になったら喜んでるやろ、と自分のことも含めて言ったのです。


3980円以上で送料無料。
今回も喜んでいました。


それは誰が負担してくれているのか、気になることもありましたが、考えないようにしていたのですね。


関係する方々に本当に感謝しています。


でも、このままでいいわけない…



お昼前に、次男の冬服をダンボールに詰めて出しに行きました。
するとこれも、明日届きます、と。


今回初めて次男に言われてヤマト運輸さんの営業所止めというのにしましたが、普通にうまくいくのですね。


営業所名のシールが段ボールに貼られたのを見て、これなら留守で迷惑を掛けることもないからいいな、と。


営業所から次男が担いで家まで帰れるかなと、一度閉じた箱を開けて少し減らしたりもしたのでした。


どうして私は初めからそれができないのか。


それに、営業所から次男の家ってどのくらいだろう。
数分って言ってたような、それは駅の話だったような。



元々次男は荷物をあまり残していなかったので(私がうるさく言ったので)、もう本当に残り少ないです。



長男の方は今週は仕事がとても忙しく、初めて職場近くのホテルに3泊していました。


昨夜遅く帰って来て、1泊目はコインランドリーも使われへん時間やったから3500円にしてくれた、2.、3泊目は4000円やった、とか色々、疲れているのに話してくれました。


コロナ対策も仕事も、本当によく頑張っていたようです。


今日は、ずっとずっと行きたがっていたUSJに彼女と行っているはず。

2人で楽しんでくれてたらいいな、と思います。

 

丁寧に彼女の話を聴いてきました

f:id:kannpai:20211022202303j:plain

アンカーのランです。

 

今日は仕事が休みでどこにも行かず家にいました。

 

朝から次男の毛布をネットで選んで注文すると、1時間以内にもう「発送済み」のお知らせが。

 

私は何もしないでぼんやりしているのに、たった今きびきび動いて私の毛布を手配してくれている人がいるんだな…

 

それだけでもなんだか沈みました。

 

ここ、沈むんじゃなくて、よし私も、と立ち上がるところですよね。

 

また明るい文面にできません。

この間また買ってしまったランプも机の上にあるのに。

 

スタンドライトテーブルライト間接照明照明ライトランプ灯り明かりおしゃれプルスイッチLED寝室ベッドサイドテーブルランプメタリックブラウン

これがなかなかいいです。

高さ38㎝。ほどよい大きさで、麻のシェードと電球色が落ち着きます。

 

 

少し前にはこんなのも。

左のマーガレットの方を買いました。

上のくぼみに水を入れてエッセンシャルオイルを数滴。香りはかなり濃いです。

 

 

このセンサーライトに昨年ははまりました。

ワン吉くんと出掛けたコテージにも持参。

これ、キャンプにもお手軽でいいと思います。

人をすぐに察知してくれる健気で優しい灯り。

乾電池式LEDセンサーライト

 

 

味方はたくさんいるのですが、どうも上がらない。

その理由は、やはり昨日の職場でのことだろうな、と考えていました。

 

歳のせいもあるし、昨年から抑え込んでいる悲しみも大きいし、勉強もできていないし、元々謙虚にと心がけて生きてきているので、今の職場で感謝しながらいればいいのでしょう。

 

でも、どうしても納得がいかない。

 

とても若い人のこれからの長い人生がかかっているのに、どうして自分の経験とか勘とか都合とかで決めつけて対応してしまうのか。

 

今日は完全にわるぐちですね。

 

たとえば発達障害精神疾患の診断名さえ疑ってあらゆる可能性を確かめようとし、彼女が何を求めているかを考えようとする私のやり方が、たぶん鬱陶しいのだと思います。

 

どうせ話してもわかってもらえない、と議論をしたことはなかったのですが、私は吹けば飛ぶような立場なので、もうこれからその上司の思うままでしょう。

 

1対1だからそう見えるんでしょ、と言われたこともありました。

 

そうです。

やっと外に出て来てくれるようになった彼女と1対1で丁寧に話を聴いてきました。

 

悔しいです。

毛布送ってくれたら嬉しい

f:id:kannpai:20211021194931j:plain
アンカーのランです。


今朝は6時まで眠れましたがあまりすっきりもせず、明日から休みだということだけで一日持ちこたえました。


一昨日めまいがすることを上司にこっそり伝えて少し早退、昨日も休みをもらいました。


今日その女性の上司とよく一緒にいたのですが、体調については何も聞かれず、新たな心配が押し寄せました。
と言ってもすぐにどうでもよくなりましたが。


もしかして嫌われているのか。
ただ単に私の方が少し年上だからか。


不思議ですが、やっぱりどうでもいいです。明日から待望の休みなので。



昨日、次男に冬服送ろうかとLINEすると、こっちで買うからいいよと言うと思ったのに、送って、毛布も送ってくれたら嬉しい、とまさかの返信がありました。


きっと私が喜ぶと思っているのでしょう。
もちろん喜んでいます。


クローゼットの服を何着か箱に詰めて、そうだ、毛布はネットで買って直送にすればいい、よくある花模様とかじゃなくておしゃれな色柄がないかな、と色々考えているうちに時間切れになったのですが。


この週末に持ち越したので急いで手配しようと思っています。


だんだん次男の荷物もなくなっていきます。



毎朝5時に起きる夫の物音のせいで目が覚める、とブログで夫をわるものにしていましたが、目が覚めるもう一つの原因が思い当たりました。


夫がいるリビングに行ったり私の側に戻ったりしたいニャンコでした。


戸が閉まっていると鼻や手でドンドンと音を立てるし、結局少し開けていることも多くて音がもれるのです。


ペットドアを付けたらいいのですが、本来は次男の部屋なので穴を開けるのは躊躇してしまう。


でも次男はやっぱりもう戻って来ないのかな…