生きているだけでいい。 大丈夫。

いつか人生に乾杯できる日まで。

この夏は思いきり蝉時雨を浴びたい

f:id:kannpai:20200802182926j:plainまた蝉のことを考えている。


大きな鳴き声なので、1本の木にたくさんいるんだとずっと思っていた。


でも、3年位前だったか、鳴き声の止む瞬間に、みんながこんなに同時に鳴き止むのはおかしい、これもしかして1匹かも?と気付いた。

どうしてそれまでわからなかったんだろう。


1匹とか2匹であんなに大きな声なんて。
すごいな。疲れるだろうな。

1匹なら寂しいだろうな。


昔から暑い日でも家に誰もいなければエアコンをつけないで、ベランダの扉を開けていることがあった。


蝉の声が耳に心地いいから、というのもあったんだと思う。


蝉時雨ともなると、あぁ夏だな、を越えて本当に好きだった。今もとても好き。


小さい頃の夏の記憶に、蝉の声とセットになった映像はないのだけど、この懐かしさはどこから来るのだろう。

映像の方だけを忘れてしまったんだろうか。


特別いい思い出もなさそうだけど、そんなにわるい思い出もない。なんにもない。


誰が、蝉時雨、なんて素敵な表現をしたんだろう。


ただ、包まれるような感覚。

麻痺するような感覚。

やっぱり懐かしい。

暑いけれど、不思議と暑くなくなる。


この夏は思いきり蝉時雨を浴びたいな。



今夜は長男は彼女と外食らしくて、次男と3人でまたホットプレートでビビンバ。


ご飯に混ぜるだけでビビンバができるらしいのを買ってきた。


モヤシとソーセージも端っこで焼いたらいいし、昨日のお好み焼ブロッコリーもある。


大きなホットプレートにしてよかった。